​© Japanese Association of International Women's Rights,2019 all rights reserved.                                                              スタッフ専用

                                                                   これまでの助成実績

 

【2019年度第3回】(応募総数 団体3件、個人4件、合計7件)

〇特定非営利活動法人参画プラネット

「『女性差別撤廃条約』リテラシ―UPプロジェクト」(事業期間2019年7月1日~2021年6月30日)

〇グループ・ダンスで世界を変えタイ

「『条約ダンス』で全国行脚―3歳から90代まで、一緒に『条約ダンス』」(事業期間2019年7月1日~2021年6月30日)

 

【2018年度第2回】(応募総数 団体4件、個人1件、合計5件)

〇日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク

「CEDAW委員が語る世界と日本の女性」(事業期間2018年11月~2018年12月)

        

【2017年度第1回】(応募総数 団体4件、個人2件、合計6件)

〇特定非営利活動法人Nプロジェクトひと・みち・まち

「『女性差別撤廃条約』を基礎とした、子どものための人権・ジェンダー平等普及パンフレット制作事業」(事業期間2017年7月1日~2018年8月31日)

〇WISH(女性と制度と歴史研究会)

「女性運動と行政の協働に関する調査研究:配偶者暴力防止法を事例として」(事業期間2017年7月1日~2019年6月30日)

 

 

<赤松良子ジェンダー平等基金選考委員>

【第1期】(2016年12月6日~2019年6月30日)

赤松良子(国際女性の地位協会名誉会長、元国連女性差別撤廃委員会委員)

山下泰子(国際女性の地位協会会長、文京学院大学名誉教授)

浅倉むつ子(国際女性の地位協会監事、元早稲田大学大学院法務研究科教授)

川眞田嘉壽子(国際女性の地位協会理事・編集委員会委員長、立正大学教授)

武田万里子(国際女性の地位協会理事・研究企画委員会委員長、津田塾大学教授)

堀内光子(国際女性の地位協会理事・国際委員会委員長、アジア女性交流・研究フォーラム理事長)

矢澤澄子(国際女性の地位協会常務理事、元東京女子大学教授)